過払い請求のメリット・デメリット » Blog Archive » 上限利息を超えていたら過払い請求しよう

上限利息を超えていたら過払い請求しよう

弁護士に頼んで過払い請求することにより、払いすぎた利息を返してもらえるそうです。

5年以上ずっと返済し続けていたり金利が20%以上を超える場合はお金が返ってくる可能性が高いらしいです。
完済していても請求はできるみたいですので、一度法律事務所などに相談してみてはどうでしょうか?
弁護士依頼費用がかかるというデメリットもありますが、相談だけなら無料でしてもらえる事務所もあるようですので、信頼できるところをさがしてみてはどうでしょうか。
過払い請求は法律で定められた利息を超えて返済していた場合にお金を取り戻せます。
貸金業法(利息制限法)という法律では「10万円未満の借り入れについての利息は年20%まで」「10~100万円までの借り入れの利息は年18%まで」「100万円以上の場合の利息上限は15%まで」と定められているそうです。
もしこの利息より高く支払っていたならば、弁護士に相談してみるべきだと思います。
しかし過払い請求、債務整理を行うということは個人信用情報機関に情報が保存されてしまいます。
情報が保存されると5年~7年くらい借り入れができなくなりクレジットも組めなくなってしまうそうですので慎重に考えてから行いましょう。
もし借り入れの癖がついてしまっている場合などは、この借り入れができない期間を利用して借金癖を治すというのも良いかもしれません。
多重責務を抱えてしまわないようしっかりと自分の借金を把握して、自己管理しましょう。

Comments are closed.