過払い請求のメリット・デメリット » キャッシング

クレジット利用の注意

ポイントや特典目的など、ついたくさんのクレジットカードを作ってしまうことってありますよね。作ったはいいけれど、全く使わないものがあったり何が何の目的で作ったカードか分からなくなったり、多くて管理しきれなかったりしている人などもいるのではないでしょうか。カードを有効活用するにはしっかりと管理できていないとダメですよね。いつのまにかカードトラブルに巻き込まれていて、気がついた時にはお金がない!とか、身に覚えのない請求が!なんてことになったら‥‥考えるだけで恐ろしいです。クレカはしっかり管理しよう。

ここで、クレジット利用の7か条というものをご紹介しましょう。日本クレジットカウンセリング協会というところで、多重債務にならないための心得としてクレジット利用の7か条が紹介されていました。

  1. 必要性を考えて利用しよう
  2. 契約条件・内容を確認しましょう
  3. 利用限度を定めましょう
  4. 利用金額の確認をしましょう
  5. 支払日に注意しましょう
  6. カードの管理はきちんとしましょう
  7. 借金返済の為にカード利用は厳禁です

財団法人日本クレジットカウンセリング協会では、クレジットやローンの返済などの相談に専任のカウンセラーが無料で応じてくれるそうです。金融庁と経済産業省の指導監督下にある公益法人なので、信頼できそうですよね。多重債務で悩みがあるなら相談してみてはいかがでしょうか?

携帯電話イメージ

キャッシングの総量規制

わたしは弁護士先生にお願いし、過払い請求で払いすぎていたお金を返してもらうことが出来ました。今回、借金で痛い目に合ったわたしは、二度と同じことを繰り返さないように自分でもキャッシングのことなどを勉強しようと思い、色々と調べているうちに、「個人で借り入れる場合に、借入総額が原則年収の3分の1までに制限される制度がある」ということを知りました。

その制度は総量規制といって、貸金業法で制定されている制度で、対象となるのは「個人向け貸付け」のようです。ただし、個人であっても事業資金として借入れる場合には規制の対象にはならないようなので、将来、「自分でお店を開きたい♪」なんて思った時には、年収の3分の1を超える金額の借り入れも可能なようです。また、総量規制は貸金業者からの借り入れが対象となり、銀行からの借り入れは対象とならないようなので、結婚して彼と共有名義で住宅ローンを組む、というのは出来そうです。

他には、クレジットカードでの借り入れ(キャッシング)は総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超える金額を借り入れることはできませんが、クレジットカードでのショッピングは対象ではないので、年収の3分の1を超える借り入れがあっても買い物はできるそうです。(ショッピングは出来るのでちょっとホッとしたかも・・・)

「キャッシングはデメリットしかない!」「キャッシングはもうこりごりだ!」と思っているけど、将来、自分の夢を叶えるためにお金が必要になってくる時だってあるかもしれない。でもその時には今回の教訓を生かして、計画的な借り入れをしないと・・・。